SCHEDULE & ARCHIVE (年間スケジュール・記録)
Plaza Gallery  –2019–
● プラザ・ギャラリーの年間スケジュール・記録です。情報は順次追加されます。
● イベントの記録は、EVENT ARCHIVE をご覧下さい。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
Related Exhibition of TAM

Photobook, Postcard

東京アートミュージアムで開催の写真展「光陰矢の如し」に出展の写真家の
写真集やポストカードなどを販売いたします。

2019年1月12日(土)–3月31日(日)  11:00–18:00
休廊日:月・火・水曜日

Related Exhibition of TAM

Small works, Catalogs, Movie DVD

東京アートミュージアムで開催の「池田龍雄展 —場の位相—」に出展の池田龍雄の小作品や・図録、展覧会で上映の映画DVDを販売いたします。

4月6日(土)–6月30日(日)  11:00–18:00  休廊日:月・火・水曜日

作品売上を東日本大震災で被災された方々への支援金として寄付いたします。

7月6日(土)–9月29日(日)  11:00–18:00
休廊日:月・火・水曜  および  夏期休廊 8月15日(木) 、16日(金)
TOKYO ART MUSEUM  –2019–
● 東京アートミュージアム(TAM) の年間スケジュール・記録です。情報は順次追加されます。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
● 更に詳しい情報は、専用サイト ( http://www.tokyoartmuseum.com ) をご覧下さい。
—プラザ・ギャラリー30年の軌跡—
写真展  光陰矢の如し


桑原敏郎、五井毅彦、小平雅尋、小林のりお、齋藤さだむ、白汚零、
鈴木秀ヲ、田村彰英、築地仁、奈良原一高、村越としや、山本糾


プラザギャラリーは1988年10月調布仙川に産声をあげました。その頃の仙川は、駅からギャラリーにたどり着くまで栗畑や梅林がありDMの地図を頼りに歩いてもこの先本当にギャラリーなどあるのかと疑問に思うほどの殺風景な静かな町でした。あれから30年、ここ仙川は本当に変化致しました。

今回の写真展はプラザギャラリー開設30年を記念しまして、かつてプラザ・ギャラリーで展覧会をして頂きました作家達の展覧会です。写真でまとめてみますと作家それぞれの個性が際立つ素晴らしい企画になりました。

新しい仙川の街並と写真の多様性と可能性を存分にお楽しみ頂けましたら幸いでございます。

プラザギャラリー
代表  伊藤容子



○会期:2019年1月12日(土)–3月31日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2019年1月12日(土)–3月31日(日)  休館日:月・火・水曜日
池田龍雄展 —場の位相—




池田龍雄は特攻隊の生き残りとして戦後一貫してそのあまりにも理不尽な経験を背景に黙々と制作活動を今日まで続けている。声高に反戦は訴えないものの作家活動がすべて彼の制作活動を突き動かしているように思える。

本展では、作品展示とともに作家出演映画「アトリエでの作品制作過程をドキュメントした『The Painter』」と「ヨーロッパに禅を広めた禅僧弟子丸泰仙と道元の主著「正法眼蔵」を伝える『華開世界起』」の2作品の上映をいたします。


【映画上映】監督・制作:孝壽聰    撮影・制作:ピエール・ブシュー

午後 1:00〜
「THE PAINTER」2014年(43分)
出演:画家 池田龍雄




午後 3:00〜
「華開世界起」2011年(93分)
出演:哲学者 森本和夫/画家 池田龍雄/仏国禅道尼苑 禅僧 ユーグ・ナース/正法眼蔵仏語翻訳者 折茂洋子/仏国観照寺 禅僧 ジャン=ピエール・フォール



○会期:2019年4月6日(土)–6月30日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2019年4月6日(土)–6月30日(日)  休館日:月・火・水曜日
版画の妙味


海老塚 耕一(Koichi Ebizuka)
草間 彌生(Yayoi Kusama)
クラウス・キリシュ(Klaus Killisch)
坂口 登(Susumu Sakaguti)
辰野 登恵子(Toeko Tatsuno)
堀 浩哉(Kosai Hori)
ヤン・フォス(Jan Voss)
ロベルト・マッタ(Roberto Matta)
若林 奮(Isamu Wakabayashi)


版画の面白いところはその技法もしくは版を何回重ねるか、作家それぞれの創意と工夫で作品が完成する。一点一点その技法と制作年代を照らし合わせて鑑賞すると思い掛けない作家の内面に辿り着くことが出来る。そして黒衣のように見えないが刷り師の苦労も垣間見えるのである。

本展では、世界中で人気を誇る作家の作品、海外作家の作品、40版も重ねて作られた作品など9名の作家による版画作品37点を展示します。



○会期:2019年7月6日(土)–9月29日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日 および 夏期休館 8月15日(木)、16日(金)
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2019年7月6日(土)–9月29日(日)
休館日:月・火・水曜日 および 夏期休館 8月15日(木)、16日(金)
GARDENS Ⅱ


伊藤誠、菊池敏直、松浦寿夫、吉川陽一郎


GARDENS と題して二回目となる本展覧会は、1970年代後半に制作発表を開始した4人による自主企画展です。
私達が活動を開始した当時、私達は必然的に作品形式と内容の関係性を問うことから始めざるを得ませんでした。それは同時に理性と感情の表現形態を問う“間”の環境であったようにも思います。つまり一世代前のミニマル、コンセプチュアル・アートとその後モードとなったネオ・エクスプレッショニズムのどちらにも距離があった。ハザマというとその語感がともするとネガティヴな印象にもなりますが、私はこの環境を時間性のみならず創造的『中庸』と捉え、一握の才能のものと思われがちな芸術観を開放する志向と実践に繋がった出発点であり位置だと考えています。
このような世代の4人の現在を、其々の個別性、役割を自覚、思考しながら提示したいと思います。

菊池 敏直



○会期:2019年10月5日(土)–12月22日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:一般財団法人プラザ財団
○企画:GARDENS 展実行委員会

2019年10月5日(土)–12月22日(日)  休館日:月・火・水曜日
Copyright © 1999 Plaza Gallery