HOME
WHAT'S NEW  (更新情報)
TOKYO ART MUSEUM  2020年1月11日(土)–3月29日(日)の展覧会として、絵 画 偏 愛  のスケジュールを追加しました。(2019年12月1日)
Plaza Gallery  樋口健二写真展  「富 士 と 山 麓」  のスケジュールを追加しました。(2019年11月10日)
Plaza Gallery  東京アートミュージアム展覧会「GARDENS Ⅱ」関連展示  写真を追加しました。(2019年10月5日)
Plaza Gallery  7月6日(土)–9月29日(日)の展覧会、東日本大震災チャリティ展  の 支援金 結果報告 を追加しました。(2019年10月3日)
CURRENT  (現在会期中・今週末よりの展覧会)
Related Exhibition of TAM


東京アートミュージアムで開催の展覧会「GARDENS Ⅱ」出展作家の作品を展示販売いたします。

10月5日(土)–12月22日(日)  11:00–18:00  休廊日:月・火・水曜日
GARDENS Ⅱ


伊藤誠、菊池敏直、松浦寿夫、吉川陽一郎


GARDENS と題して二回目となる本展覧会は、1970年代後半に制作発表を開始した4人による自主企画展です。
私達が活動を開始した当時、私達は必然的に作品形式と内容の関係性を問うことから始めざるを得ませんでした。それは同時に理性と感情の表現形態を問う“間”の環境であったようにも思います。つまり一世代前のミニマル、コンセプチュアル・アートとその後モードとなったネオ・エクスプレッショニズムのどちらにも距離があった。ハザマというとその語感がともするとネガティヴな印象にもなりますが、私はこの環境を時間性のみならず創造的『中庸』と捉え、一握の才能のものと思われがちな芸術観を開放する志向と実践に繋がった出発点であり位置だと考えています。
このような世代の4人の現在を、其々の個別性、役割を自覚、思考しながら提示したいと思います。

菊池 敏直



○会期:2019年10月5日(土)–12月22日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:一般財団法人プラザ財団
○企画:GARDENS 展実行委員会

2019年10月5日(土)–12月22日(日)  休館日:月・火・水曜日
UPCOMING  (次回の予定)
樋口健二写真展  「富 士 と 山 麓」
Kenji HIGUCHI


私が生まれ育ったのは信州の富士見町。つまり富士山の見える町です。幼少時代から絵が好きで暇さえあれば様々な風景を描いていました。小学校での図画の時間には富士山に取り付かれたように描いたものです。それが霊峰富士への憧れとなり、大きくなったら遥かに浮かぶ富士山を間近に見、ダイナミックな雄姿を描きたい。と夢がふくらんで行きました。絵描きにはなれず写真家の道を歩むようになり、環境をテーマにドキュメンタリー一筋にやって参りました。自然の大切さを常に訴えつづける中で富士山への憧憬はつのるばかりとなり、暇を見つけては富士山麓を撮りつづけてきました。

早いもので約20数年の歳月が過ぎ去って行きました。一度まとめようと写真展を行いました。予想外の好評をいただいたので今回また展示するに至りました。風景写真を専門とする写真家や古く浮世絵に名作を描いた絵師たちや画家たちの名作が日本人及び世界の人々の心に富士山の美しさを刻み込んで今日に至っています。世界遺産に登録されたのもうなずけます。霊峰富士は万民の認めるところであり、その美しさを刻み込んで今日に至っています。

幼少時代から憧れの富士とその山麓にしぼり展示します。御高覧いただければ幸いです。

樋口健二

2020年1月11日(土)–3月29日(日)  11:00–18:00
休廊日:月・火・水曜日

絵 画 偏 愛


上原修一、ウォレス・ティン、岡本幸久、スズキコージ、スナオ、
永井博、ペーター佐藤、まちひろし、宮澤鬼太郎、柳生弦一郎、
矢吹申彦、脇田愛二郎、渡辺逸郎、呉日、織田リラ、
勝野正則、木下晋、張替正次、満窪篤敬、吉永裕


私は画商ではない。もちろん蒐集家、批評家でもない。
私はただ絵が好きだ、大好きなのだー。
銀座にあった「現代画廊」の画廊主で小説家で知られる、 
洲之内徹さんとお会いした時、絵を描くのと尋ねられた事がある。
友人で、学生のころ一緒に絵の勉強をしていた、
今は亡き田中直くんは、パリへ渡り絵描になった。
絵を描いて暮らしていたスナオの絵を、洲之内さんは
「洲之内コレクション」に所蔵してくれた。
それがきっかけで、スナオは展覧会で帰国すると、
真っ先に向かうのが「現代画廊」と私のところ。
そのスナオの作品が、私の手元に集まりだし、
それがきっかけで、絵画同士が呼び合うように、
いろんな人の作品が自然と集まってきた。
そんな、私にとっては不思議な、不思議な嬉しい展覧会です。

上田豊一郎



○会期:2020年1月11日(土)–3月29日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミュージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団
○協力:(株)LEF

2020年1月11日(土)–3月29日(日)  休館日:月・火・水曜日
● 年間スケジュール・記録は、SCHEDULE & ARCHIVE をご覧下さい。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
● 更に詳しい情報は、専用サイト ( http://www.tokyoartmuseum.com ) をご覧下さい。
Copyright © 1999 Plaza Gallery