HOME
WHAT'S NEW  (更新情報)
CURRENT  (現在会期中・今週末よりの展覧会)
Koichi EBIZUKA
Japan
Small works

東京アートミュージアムで開催の「海老塚耕一 水と風の現象学 ―実体変化として―」 に出展の海老塚耕一の小作品を展示販売いたします。

10月10日(土)–12月20日(日)  11:00–18:00  休廊日:月・火・水曜日
海老塚 耕一展
水と風の現象学  -実体変化として-

《水、それは両面価値的アンヴィヴァレントなもの、でも風は》
2020年


長い間「水」と「風」に囚われている。そのふたつのものは瞬間であり、ものであり、書物でもある。身体で捉え、ものとして感受し、そして読んでいく。読みながら形に変えて行く。いわゆる制作という事なのだが、このところそれは「実体変化」ということになりはしないのかと考えている。もちろん宗教的な考えとは異なる。けれども実体として「水」と「風」を捉え、それを僕は多様な素材の言葉とその表現力と共同して、新たな実体である「水」と「風」を作っているのだ。そしてそこには「境界・端・限界」が存在している。

他者である僕はこんなことを考えながら、初めて僕に至るということを知る。何もない自分が、「水」と「風」と交感することにより、「水」と「風」の存在にいたり、そこで自分を見出すということなのだと今は考えている。回答のない問いのなかで、制作は進む。



○会期:2020年10月10日(土) – 12月20日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミュージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2020年10月10日(土) – 12月20日(日)  休館日:月・火・水曜日
UPCOMING  (次回の予定)
● 年間スケジュール・記録は、SCHEDULE & ARCHIVE をご覧下さい。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
● 更に詳しい情報は、専用サイト ( http://www.tokyoartmuseum.com ) をご覧下さい。
Copyright © 1999 Plaza Gallery