HOME
WHAT'S NEW  (更新情報)
Plaza Gallery  2019年1月12日(土)–3月31日(日)の展覧会として、東京アートミュージアム 写真展「光陰矢の如し」関連展示  のスケジュールを追加しました。(2018年12月15日)
TOKYO ART MUSEUM  2019年1月12日(土)–3月31日(日)の展覧会として、—プラザ・ギャラリー30年の軌跡—  写真展  光陰矢の如し  のスケジュールを追加しました。(2018年11月11日)
TOKYO ART MUSEUM  10月11日(土)–2019年2月23日(土)の公演として、うずめ劇場 第29回公演 「フェードル」  のスケジュールを追加しました。(2018年10月18日)
Plaza Gallery  東日本大震災チャリティ展  「終わっていない 3.11」  写真を追加しました。(2018年9月7日)
CURRENT  (現在会期中・今週末よりの展覧会)

作品売上を東日本大震災で被災された方々への支援金として寄付いたします。

9月8日(土)–12月23日(日)  11:00–18:00  休廊日:月・火・水曜日
「琳派」今様
椎橋和子の世界

「春秋」2018年


NYのギャラリーの紹介で椎橋和子展をパリで実施したのが出会いだった。西欧で15年結果を出し続ける日本画作家、椎橋和子にとって、この東京アートミュージアムでの展覧会は、非常に感慨深いものがあると思う。その作品を見た人々は異口同音に美しい、華麗、繊細、ダイナミック,  ,  , と言う。或る人は作品の前に立ちつくす。言葉をかけに近づくと、目に涙を溜めて、感動したという。こういう光景を私は幾度も経験した。静寂と強い空気感、宇宙のような背景は複雑な色調による。大胆に施された金箔の月、誇らしげに、楽しげに、或は囁く花の描写。自然への賛美というよりも、より密やかでパーソナルな物語を作り上げる。どんな時に、何を感じて、こういう絵を描くのですかという質問に答えが見 つからない椎橋和子が居る。言葉に出来ない感性であり、彼女の手のみが知っている。作品を見た人に響くものがある時、世界が共有する心が見えてくると思う。

パリ在住、展覧会オーガナイザー  九鬼惠依子



○会期:2018年10月6日(土)–12月23日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団
○協力:(有)エーサイン、(有)パックス、(株)LEF、世田谷 葵庵

2018年10月6日(土)–12月23日(日)  休館日:月・火・水曜日
うずめ劇場 第29回公演 「フェードル」



うずめ劇場 第29回公演 「フェードル」
作 = ジャン・ラシーヌ
演出 = ペーター・ゲスナー
訳 = 伊吹武彦(「ラシーヌ戯曲全集Ⅱ」人文書院版より

古代ギリシャ、アテネの王妃フェードルは、先妻の息子で自分よりもずっと年下のイポリットヘ、道ならぬ激しい恋をする。フランスで最も有名な、人間の心を突く古典悲劇の名作。うずめ劇場ならではの、社会における女性の悲劇性を顕在化した新作舞台。



○公演スケジュール:
      10月  11(木)・12(金)・26(金)・27(土)
      11月  9(金)・10(土)・23(金)・24(土)
      12月  7(金)・8(土)・21(金)・22(土)
      1月  13(日)・14(月・祝)・25(金)・26(土)
      2月  8(金)・9(土)・22(金)・23(土)
      全公演 = 19:00開演(開場は15分前)
      公演時間 = 120分(休憩なし)

○チケット:一般前売り = 4500円、学生券 = 3000円、当日券 = 5000円
      ●うずめ事務所
          E-MAIL = info@uzumenet.com
          FAX = 03-3309-7572
          ※ご予約はお名前、連絡先、日時、枚数、券種、郵送先ご住所をご記入の上ご送信ください。
      ●カンフェティチケットセンター
          TEL = 0120-240-540(平日 10:00 〜 18:00)
          URL = http://confetti-web.com

○会場:東京アートミュージアム

2018年10月11日(木)–2019年2月23日(土)
UPCOMING  (次回の予定)
東京アートミュージアム 写真展「光陰矢の如し」関連展示
Related Exhibition of TAM

Photobook, Postcard

東京アートミュージアムで開催の写真展「光陰矢の如し」に出展の写真家の
写真集やポストカードなどを販売いたします。

2019年1月12日(土)–3月31日(日)  11:00–18:00
休廊日:月・火・水曜日

—プラザ・ギャラリー30年の軌跡—
写真展  光陰矢の如し


桑原敏郎、五井毅彦、小平雅尋、小林のりお、齋藤さだむ、白汚零、
鈴木秀ヲ、田村彰英、築地仁、奈良原一高、村越としや、山本糾


プラザギャラリーは1988年10月調布仙川に産声をあげました。その頃の仙川は、駅からギャラリーにたどり着くまで栗畑や梅林がありDMの地図を頼りに歩いてもこの先本当にギャラリーなどあるのかと疑問に思うほどの殺風景な静かな町でした。あれから30年、ここ仙川は本当に変化致しました。

今回の写真展はプラザギャラリー開設30年を記念しまして、かつてプラザ・ギャラリーで展覧会をして頂きました作家達の展覧会です。写真でまとめてみますと作家それぞれの個性が際立つ素晴らしい企画になりました。

新しい仙川の街並と写真の多様性と可能性を存分にお楽しみ頂けましたら幸いでございます。

プラザギャラリー
代表  伊藤容子



○会期:2019年1月12日(土)–3月31日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2019年1月12日(土)–3月31日(日)  休館日:月・火・水曜日
● 年間スケジュール・記録は、SCHEDULE & ARCHIVE をご覧下さい。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
● 更に詳しい情報は、専用サイト ( http://www.tokyoartmuseum.com ) をご覧下さい。
Copyright © 1999 Plaza Gallery