SCHEDULE & ARCHIVE (年間スケジュール・記録)
Plaza Gallery  –2020–
● プラザ・ギャラリーの年間スケジュール・記録です。情報は順次追加されます。
● イベントの記録は、EVENT ARCHIVE をご覧下さい。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
Kenji HIGUCHI


私が生まれ育ったのは信州の富士見町。つまり富士山の見える町です。幼少時代から絵が好きで暇さえあれば様々な風景を描いていました。小学校での図画の時間には富士山に取り付かれたように描いたものです。それが霊峰富士への憧れとなり、大きくなったら遥かに浮かぶ富士山を間近に見、ダイナミックな雄姿を描きたい。と夢がふくらんで行きました。絵描きにはなれず写真家の道を歩むようになり、環境をテーマにドキュメンタリー一筋にやって参りました。自然の大切さを常に訴えつづける中で富士山への憧憬はつのるばかりとなり、暇を見つけては富士山麓を撮りつづけてきました。

早いもので約20数年の歳月が過ぎ去って行きました。一度まとめようと写真展を行いました。予想外の好評をいただいたので今回また展示するに至りました。風景写真を専門とする写真家や古く浮世絵に名作を描いた絵師たちや画家たちの名作が日本人及び世界の人々の心に富士山の美しさを刻み込んで今日に至っています。世界遺産に登録されたのもうなずけます。霊峰富士は万民の認めるところであり、その美しさを刻み込んで今日に至っています。

幼少時代から憧れの富士とその山麓にしぼり展示します。御高覧いただければ幸いです。

樋口健二

2020年1月11日(土)–3月29日(日)  11:00–18:00
休廊日:月・火・水曜日

林 敏郎・悦子展
Toshiro HAYASHI, Etsuko HAYASHI


林 敏郎( Toshiro HAYASHI )

1978年9月に夫婦で渡仏して早40年近くが過ぎようとしている、3年ぐらいの予定が、人生の半分以上をフランスで暮らしていることになる。その40年の間ひたすら裸婦を描き続け今日に至っているわけだ。風景でもなく生物でもなく・・・・裸婦なのだ。
半世紀近くもただただ裸婦を描いてきた。飽きもせずに描いてきた。
なぜかと聞かれても困る、裸婦ほど美しいものが他にあるだろうか?肌の色も違い、髪の色も、曲線もボリュウームもそれぞれ全く違う女たちはそれぞれに違った美しさをさらけだす。古代から女性はビーナスであった。豊穣の神であった。
それぞれの裸婦を前に私の頭の中で作品が出来上がっているのだ。後はもうその美しさに向かっていくだけだ。鉛筆一本に私の情熱を集約させていくのだ。そしてこれからもきっと息を引き取るその時まで変わらないだろう。


林 悦子( Etsuko HAYASHI )

土には古代からのメッセージがあって、粘土を練っているとじわじわと手のひらに伝わってくる・・・・それは、同時に遠い遠い宇宙からのメッセージでもある。土を練るのは神聖な儀式なのだ。心を澄ましていないとそのメッセージは聞こえてこない。そして、少しずつ土は私の手になじんできて私のものになる、抵抗を止める時がくる、【私はあなたの思い通りになりますよ】というのである。この儀式を飛ばす事はできない、土に魂がこもらないのである。
ここからようやく形を作り始めることができるのだ。時には一気に形になることもあるし、時には難産のような産みの苦しみを味わうこともある。そして、形になり、素焼きを経て、釉薬をかけ、本焼きをして‥‥と長い工程が続く、そうしていよいよ、窯開けの時がくるのである、全てがこの瞬間のためにあるのだ、だから窯を開けるその時には祈らずにはいられない。
どうか、私の命がそれぞれの子供たちに吹き込まれていますように!

4月4日(土)–4月12日(日)  11:00–18:00  休廊日:水曜日
TOKYO ART MUSEUM  –2020–
● 東京アートミュージアム(TAM) の年間スケジュール・記録です。情報は順次追加されます。
● 他の施設も含めた最新情報は、HOME ----- WHAT'S NEW をご覧下さい。
● 更に詳しい情報は、専用サイト ( http://www.tokyoartmuseum.com ) をご覧下さい。
絵 画 偏 愛


上原修一、ウォレス・ティン、スナオ、永井博、ペーター佐藤、
まちひろし、宮澤鬼太郎、柳生弦一郎、矢吹申彦、脇田愛二郎、
渡辺逸郎、呉日、織田リラ、勝野正則、木下晋、
張替正次、満窪篤敬、吉永裕


私は画商ではない。もちろん蒐集家、批評家でもない。
私はただ絵が好きだ、大好きなのだー。
銀座にあった「現代画廊」の画廊主で小説家で知られる、 
洲之内徹さんとお会いした時、絵を描くのと尋ねられた事がある。
友人で、学生のころ一緒に絵の勉強をしていた、
今は亡き田中直くんは、パリへ渡り絵描になった。
絵を描いて暮らしていたスナオの絵を、洲之内さんは
「洲之内コレクション」に所蔵してくれた。
それがきっかけで、スナオは展覧会で帰国すると、
真っ先に向かうのが「現代画廊」と私のところ。
そのスナオの作品が、私の手元に集まりだし、
それがきっかけで、絵画同士が呼び合うように、
いろんな人の作品が自然と集まってきた。
そんな、私にとっては不思議な、不思議な嬉しい展覧会です。

上田豊一郎



○会期:2020年1月11日(土)–3月29日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミュージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団
○協力:(株)LEF

2020年1月11日(土)–3月29日(日)  休館日:月・火・水曜日
DRIVE DROVEN DRIVEN
Cars in Contemporary Photography


蔵真墨、佐藤春菜、藤田進、小松宗光、尾仲浩二、
Clara Bahlsen、Jürgen Baumann、Xiomara Bender、Beni Bischof、
Daniela Domani、Stephan Erfurt、Larry Ferguson、Aris Georgiou、
Oliver Godow、James Hendrickson、Charles Johnstone、
Martin Klimas、Jens Liebchen、Serge Marcel Martinot、
Arwed Messmer、Ralf Meyer、Bernhard Moosbauer、
Melina Papageorgiou、Philipp von Recklinghausen、
Christian Rothmann、Marc Volk、Maurice Weiss、Michael Witte


「 Drive Drove Driven   Cars in Contemporary Photography」は、ベルリンのヘルムートニュートン財団の学芸員Dr. Matthias Harderがキュレーションし以前にアメリカ、ドイツ、オーストリアで開催されました。
本展では、5名の日本人写真家を加え28名の作品を展示致します。



○会期:2020年4月4日(土)–6月28日(日)
○開館時間:11:00–18:30 (入館18:00まで)
○開館日:木・金・土・日曜日
○休館日:月・火・水曜日
○入館料:一般 500円 / 大学・高校生 400円 / 小中学生 300円
○会場:東京アートミュージアム

○主催:東京アートミュージアム
○企画:一般財団法人プラザ財団

2020年4月4日(土)–6月28日(日)  休館日:月・火・水曜日
Copyright © 1999 Plaza Gallery